カテゴリー: 血圧問題

カテゴリー: 血圧問題

Category : 血圧問題

メタボリックシンドロームとは内臓脂肪症候群http://xn--vckd7cyctbh3ee3336honc9x4cei2g.xyz/とも呼ばれ、複数の病気や異常が重なっている状態を表します。

この症状のの診断基準は腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上を超え、さらに脂質異常性、高血圧、高血糖のうち、2つ以上が当てはまるとメタボリックシンドロームとされます。腹囲が広がることや高血圧、高血糖は太り過ぎにの結果です。つまり肥満であることは危険なのです。

メタボリックシンドロームであると心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまいます。メタボリックシンドロームは様々な病気になる危険性が高いのです。

内臓脂肪は皮下脂肪と比べて生活習慣の改善で減らしやすい脂肪なのでバランスのとれた食事と適度な運動によって正常にすることが可能です。バランスのよい食事は主食、汁物、主菜、副菜が揃っている食事のことで定食のような食事をイメージすればわかると思います。

適度な運動は手軽にできるウォーキングがおすすめです。いつでも始めることができるし忙しくても通勤時間を使ってすることも可能です。生活習慣の改善で数値を下げましょう。

 

すっきり感などの対策に関する効果が期待できる製品

東京地域にお住まいの方、都心中心部に住んでいる方は特に体脂肪率などに関する悩みを抱えています。職場が近くあまり歩かないという原因からです。最近少しお腹が出てきたので、何とか引っ込めたいと望んでいる方々も多いです。

そうかと思えば、すっきり感に関する悩みもあります。今ひとつお腹の中がすっきりしないので、それに関する対策の一環として、実店舗に立ち寄っている方々も多いです。

そういう時には、ミドリムシやクロロフィルなどを含む製品が検討される場合があります。なぜなら、それはデトックスに関する力は期待できるからです。

上記のような症状が生じるのは、たいていはお腹の中に原因が潜んでいます。余分な物が蓄積した時などは、今一つすっきりしないのです。

ですが一部の製品は、それに関するポジティブな力は期待できます。余分な物を体の外に出してくれる製品も、色々販売されている訳です。ですから都内の方々は、それを服用している事も多々あります。

ただし製品によって、効果の大きさもそれぞれ異なる訳です。口コミや評判などは、各製品を選ぶ有力な情報になる事も多いです。


カテゴリー: 血圧問題

Category : 血圧問題

若い頃に比べて運動習慣って減ってませんか?運動習慣が減ると当然ながら消費エネルギーが減ります。同時に年齢とともに代謝するエネルギーも減っていきますので若い時と同じような食生活では遅かれ速かれ病気を引き起こします。病気にならないためにも普段から運動習慣をつけて、身体活動で消費するエネルギーを増やすように心がけましょう。

身体活動は行わない人に比べて行う人の方が心肺機能の向上につながり結果として血圧を下げる一助になります。血圧が高くなれば高血圧になるのはご存知だと思います。高血圧にならないためにも運動習慣は減塩と同じくらい大切です。

塩分は高血圧の方ですと1日に6gと制限がかかりますが、これは血圧が高いと心臓や脳の血管の病気のリスクが高くなってしまうために収縮期血圧、いわゆる上の血圧が140を越えないように注意していく必要があります。

高血圧はこれといって自覚症状はありませんが、そのままの生活を続けていけば高コレステロール血症や糖尿病といった病気も合併します。いずれも身体活動量を増やすことで改善あるいは予防することができます。

病気のリスクを解消するためにも運動やおすすめの血圧下げるサプリで生活習慣を見直しましょう。

 

ダイエットにおいて内臓脂肪を減らすことは大切である

ダイエットにおいて体脂肪を減らすことが一番重要ですが、体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。その中で内臓脂肪の蓄積が多ければ、高血圧や糖尿病、心臓血管系の病気など、いろいろな病気をひきおこす
リスクが大きいので内臓脂肪を減らす努力が必要です。このように内臓脂肪はリスクが大きい反面、比較的落としやすいというメリットもあります。

内臓脂肪を落とす一番手っ取り早い方法は、ランニング、ウオーキング、エアロビクスなどの有酸素運動を20分以上継続して行うことです。運動においては、有酸素運動と筋トレをセットで行って基礎代謝をアップさせることも大切です。

また、食物繊維の摂取を意識してバランスのとれた食生活を意識することです。特にオレンジなどの糖分をたくさん含む食品は控えめにすることです。そのような食品は血糖値が急上昇して脂肪をためこむ要因となるインシュリンが多く分泌されます。

内臓脂肪を落とすには運動の習慣が大切ですが、筋トレを行った後に有酸素運動を行うとより効果が出やすいです。以上のことから内臓脂肪を減らすには糖分の摂取を控えめにし、ごぼうやこんにゃくなどの食物繊維の摂取を意識し、バランスのとれた食生活を心がけることが大切です。